オンライン・スクール受講規約

この規約は、利用者がポータブル・ビジネススキル オンラインスクール(以下、本スクールと言う)が提供するオンライン型学習機会を利用する際に適用する事項を定めたものです。

当該規約内の「プログラム」は、本スクールが提供するものとします。また、法人申込の場合は、本規約と併せ、別に定める法人利用規約に準じて遵守することとします。なお、本規約における期日等の起算基準はすべて日本標準時(JST; GMT+09:00)とします。

【第一条:入学金ならびに受講料】
  (1)入学金は一人¥10万円(税別)を徴収いたします。法人契約の場合は別途利用契約に従ってください

  (2)受講料は一人年間¥12,000円(税別)です。法人契約も同様ですが、詳細は別途利用契約に従ってください。
  (3)
入学金と受講料(年間)の合計額¥112,000円(税別)は、理由によらず、一旦納入された場合は原則として返金できません。
  (4)キャンペーン等時期によって入学金、受講料の金額が変更になる場合があります。

【第二条:入学金・受講料の支払方法】
  (1)個人、法人申込のいずれの場合も、入学金及び受講料は全額前納となります。
     支払い方法はクレジットカード(オンライン決済)もしくは銀行振込となります。
     カードの場合、分割払いをご利用の場合は、各自カード会社にお問い合わせください。
  (2)法人申込の場合は、銀行振込にてお願いいたします。
     クレジットカードでのお支払いはご利用いただけません。
  (3)個人申込の場合、領収書は取扱金融機関等の振込受領書をもって代えさせていただきます。
  (4)以下のご都合により受講が不可能となった場合、納入された入学金及び受講料を以下のルール
                 に則り、お申込み者に対し未受講分として月額に換算して返金いたします。

     (a)入院を伴うような傷病など、長期間(原則三ヶ月以上)受講不能な状態とみなされる
         事由が発生した場合は、必要書類の提出後、審査により全額返金いたします。
       (b) 法人契約に限り、一部の受講生が(a)の状況となっても入学金は返金できません。

【第三条:入学・受講申込に関する事項について】
  (1)Web 上の入学申込フォーム(入学願書)にて必要事項を入力いただき申込を完了させて
     ください。法人申し込みは、所定の書面に必要事項をご記入いただき、正式な「入学申込」といたします。

  (2)入学金は申し込み時に、個人の場合は受講生一人単位でお支払いいただきます。入学金は最初の一度限りとなりますので、
     その後、再入学等の際には、お支払いいただく必要はございません。法人の場合は別途利用規約に従ってください。 
  (3)入学申込の受付は、随時WEB上にて可能といたします。なお、法人申込の場合は、受講開始希望月の約1 ヶ月前までに法人
     申込締切日を設け、原則、この申込締切日に申込受付を締め切ります。
  (4)入学申込後、受講者都合にてキャンセルのお申し出をされた場合は返金はできません。法人の場合も受講後は同様ですが、
     受講開始予定の2週間前までは無料、2週間前以降はキャンセル料(見積額の50%相当額)を徴収いたします。
  (5)入学金、受講料は一括クレジットカード支払いとします。法人の場合は別途利用規約によります。


【第四条:受講制限の適用について】
  (1)本スクールの受講において、受講規約を遵守しない場合、あるいはスクールの運営を著しく妨害するようなことがあった場合、
     スクール事務局の判断で、当該受講生は、本スクール(オンライン型)の受講生の専用画面へのログインならびに受講を制限
     または禁止することがあります。
  (2)また、その他、当スクールに著しくそぐわない言動が認められた場合もご受講をお断りすることがあります。
  (3)受講途中であってもそれ以降ご受講いただけない場合があります。その際、既に一括でお支払いいただいた入学金、受講料は、
     本スクールの責に該当しない場合は返金しません。

【第五条:プログラムの閉講・休講・変更】
  (1)学習効果の観点から、事務局の判断により、やむを得ない事由がある場合、当該プログラムを予告なく閉講することがあります。
  (2)プログラムの閉講は、通常14 日前までに決定し受講生専用ページにてご案内します。
     なお、事情により事前に通知しないこともありますのでご了承ください。
  (3)開講後に、下記の場合にはプログラムを休講・閉講または延期することがあります。
      (a)台風・地震等の天災地変、交通機関のストライキ、暴動やクーデターのとき
           (b)担当講師の不測の事故、病気、慶弔時等のとき
           (c)施設の保守点検、改修工事等がおこなわれるとき
           (d)その他、事務局が、不可抗力により開講が不可能と判断したとき
   (4)プログラムの閉講など、当校の都合ならびに不可抗力、何らかの外部要因により、科目の変更・キャンセルや受講時期の延期を
     せざるを得な い場合は、当スクールならびに運営会社は免責となりますので、いかなる賠償にも応じることはできません。

【第六条:オリエンテーションの動画視聴義務】

   本スクールを初受講の方は、受講前に必ずオリエンテーションの動画をご視聴ください。
   本スクールは、オリエンテーション動画の視聴を行ったことを前提に受講開始となります。
   動画をご視聴されずに受講する場合は、一部受講に制限がかかる場合がございます。

【第七条:教材の入手に関する事項】
  (1)教材(テキスト等)は、受講生専用サイト上にある各プログラムに付随してアップロードします。
     受講生は、各プログラム毎に自身でダウンロードすることで入手してください。
     受講生側の事情によりダウン ロードできない、もしくは受講に支障が出た場合も、当校は一切の責任を負わないものとします。
  (2)科目およびプログラム毎の参考図書が紹介された場合は、ご購入いただく場合、各自でご用意ください。
     当スクールでの販売、ご紹介、ご案内はできません。
  (3)教材ダウンロード後、原因によらず当該科目のキャンセル及び受講時期の延期等により受講できない科目になった場合は、
     該当教材を速やかに破棄してください。

 【第八条:成績の評価及び修了認定】
  (1)受講後、プログラム毎に所定の評価基準による総合成績の評価により終了を判定します。
  (2)プログラム毎に定められた評価対象条件を 1 つでも満たさない場合には評価対象外とし、 評価やフィードバックは行わないもの
     とします。
  (3)法人申込の場合、受講生の成績が法人申込担当者に開示されます。
     また、受講生の成績一覧は、法人担当者様へ事務局から通知いたします。
  (4)受講するプログラムの言語(日本語)で作成していない提出物は評価対象とはなりません。


【第九条:休学制度】

  (1)天災 、本人の入院・長期通院 ・二親等以内の家族ないしこれに準ずる方の死亡・入院、 社命による異動・長期出張、その他
     やむを得ない事由があったとスクール事務局が判断した場合は、最長1年間を限度として休校処置として受講期間を延長する
     ことができます。

  (2)受講生は、休学を申請する場合、休学申請の事由を記した申請書を所定の方法にて事務局に提出するものとします。
     また、申請は、休学に相当する事象が発生次第、速やかに行っていただきます。事務局は、申請事由と申請時期を踏まえ、休学
     の審査を行います。

【第十条:クオリティ・ギャランティ(品質保証制度)】
  (1)科目およびプログラムの受講条件(1,095分間分の受講を完了)を満たしてなお、所期の学習効果が認められなかった場合、
     受講生ご本人から事務局宛に申請をいただければ、面談の上、受講料全額を返金いたします。
  (2)申請期限は、プログラムの受講条件を完了後、一ヶ月以内とします。
  (3)クオリティ・ギャランティが認められて返金された後はスクールのご受講いただけません。
 

【第十一条:禁止事項】
 以下のような行為が見られた場合、【受講の制限】(2)に従い、ご受講ならびに受講の継続をお断りすることがあります。

(1)以下に例示するような著作権に関わる一切の行為
   ・カリキュラム内容・教材、配付資料等の複製(受講生本人が自身のデータ保管のために行う私的複製を除く)および他人への譲渡
   ・SNS 等におけるカリキュラム内容・教材、配付資料等の引用や転載 、録音、録画、キャプチャなど他者の著作物(レポート、アサ
    インメントをはじめとする成果物等)の剽窃
(2)受講生が意図的に、あるいは適切な措置を怠ったことにより、以下のような情報漏洩を起こすこと
    ・受講生サイト内で使用している SNS グループ(クラスグループ)へ当該クラスの講師、受講生以外を参加させた場合
            ・クラスで知り得た機密情報、リサーチ対象企業における機密情報など、特定の範囲でのみ共有された情報を、受講生サイト以外の場
     で漏洩した場合(クラスのメンバー以外の第三者に情報を伝えること、SNS 等の情報媒体への書き込み等、一切の情報漏洩行為を
               した場合)           
            ・SNS グループ(クラスグループ)にて公開された個人情報を、本人に許可なく受講生、 スクール関係者以外に漏洩した場合
            ・授業の内容そのものなど、他の受講生の学びを阻害する恐れのある情報を漏洩した場合(SNS など情報媒体への書き込み等を含む
                一切の情報漏洩行為)
(3)各種申請において、 その申請内容に虚偽があった場合


【第十二条:不正行為】

  (1)以下の不正行為を行った場合、本スクールの受講を禁止します。また、損害賠償請求に該当する場合もありますので、取り扱いには
     十分お気をつけください。

      ・受講にあたり、スクールのサイト内にあるコンテンツ(動画、PDFファイル、音声ファイル、テキスト文章(HTML)等)を
       サイト以外へ複写、転載、持ち出し等を行い他の目的で使用した場合。

      ・サイト内のグループ、ネットワークで知り合った受講生へ自身の仕事や他の目的による勧誘、営業行為等が判明した場合。

【第十三条:学習環境の整備について】
  (1)インターネット環境やソフトウェア、ヘッドセットなど、受講に必要となるインフラは、受講生各自にて整備するものとします。
  (2)プログラムの特性により、SNS サービス、Web サービス、アプリケーションの利用を推奨する場合がありますが、受講生の自己責任
     で利用するものとします。
  (3)インターネット・アクセスプロバイダーその他電気通信事業者の事故、施設管理上の必要に起因して発生したブロードバンドの利用、
     および講義への参加に関する一切のトラブル等に関して、当校では一切の補償は行いません。
  (4)オンライン型スクールにおいて、受講生が整備したインフラに起因するノイズ等のトラブルにより、 他の受講生の受講環境を大きく
     損なう場合には、スクール事務局の判断により、受講環境が改善するまでの間、受講生のログイン、受講を差し止めることがあります。

【第十四条:アカウントと個人情報の保護】

  (1)受講生登録は、本スクールが許可する受講生のみ行うことができます。
     スクールは次のいずれかに該当する場合には、受講生登録を取り消すことができます。

      ①退学・除籍により、受講者が本スクールに在学しなくなった場合
           ②スクールによる本サービスの運営に支障をきたす、またはスクールあるいは第三者
       (他の受講者を含む以下同じ)の権利を害する惧れがあるとスクールが判断した場合

  (2)受講者ID およびパスワードの管理責任

      ①スクールが発行した受講者ID およびパスワードは本サービスの受講者自身が管理責任を負うものとします。
      ②受講者は、ID およびパスワードの貸与・譲渡・売買等を行ってはならない。
  (3)ID・パスワードの管理不十分・使用上の過誤・第三者の使用等による損害の責任は、受講者が負うものとし、スクールは一切の
     責任を負いません。
  (4)受講者が受講者IDやパスワードを失念した場合又は第三者に使用されていることを知った場合には、速やかにスクールにその旨を
     連絡し、スクールは必要に応じて、ID・パスワードの変更等の処置をとるものとします。

  (5)登録情報の変更住所、メールアドレス、勤務先などプロフィール登録情報に変更が生じた場合、受講者は速やかに 所定の変更手続き
     を行うものとします。
  (6)個人情報の開示 本人の同意なく、プライバシーポリシーに定める「個人情報 の利用目的」以外の利用やスクールおよび機密保持契約
     を結んだ協力企業以外に受講者の個人情 報を開示することはありません。ただし、以下の場合、個人情報を開示することがあります。
     ①裁判所や警察等の公的機関から法律に基づく正式な照会を受けた場合
     ②その他の合法的な目的のため、合理的理由に基づき開示することが適切であるとスクールが判断した場合
  (7)メールアドレスの開示
     コミュニティの活性化のため、クラスコミュニティ内では、登録されているメールアドレスが開示されます。

【第十五条:利用上の制約】

  (1)当スクールは、アクセス数またはデータ量の増大により、本サービスの円滑な提供に支障をきたすと判断した場合、受講者の承諾を
     得ることなく、本サービスの提供を一時的に停止、投稿またはグループを削除します。
  (2)一定期間の投稿がないグループについては、事務局にて今後の利用が無いと判断し、グルー プを削除する場合があります。

【第十六条:著作権保護ならびに著作物の利用制限】
  (1)受講生は、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、または必要な権利者の許諾を得た文 章、画像や映像等の情報のみ、
     本サービスを利用して投稿または編集することができるものとします。
   (2)ユーザーが本サービスを利用して投稿または編集した文章、画像、映像等の著作権については、 当該ユーザーその他既存の権利者に
     留保されるものとします。 但し、ユーザーは、本サービスを利用して投稿または編集されたコンテンツ(文章、画像、映像 等を含む
     がそれに限られない。)につき当スクールに対し、世界的、非独占的、無償、サブラ イセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、
                  派生著作物の作成、表示及び実行に関するライ センスを付与するものとし、ユーザーは、このライセンスに基づく利用に関して、
     著作者人格権 を行使しないものとします。
    (3)前項本文の定めるものを除き、本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報について著作 権およびその他知的財産権は
       すべて本スクールにその利用を許諾した権利者に 帰属し、ユーザーは無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信
                 (送信可能化を含み ます。)、伝送、配布、出版、営業使用等の利用をしてはならないものとします。

【第十七条:禁止事項】 
      受講者は、サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  (1) 法令または公序良俗に違反する行為
  (2) 犯罪行為に関する行為
  (3) サーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  (4) サービスの運営を妨害する行為
  (5) 他のユーザーに関する個人情報等収集または蓄積する行為
  (6) 他のユーザーに成りすます行為
  (7) 本スクールのサービスに関連して反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
       (8) 本スクール、本サービスの他の利用者または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利または利益を侵害
        する行為
  (9)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、
        薬物乱用を助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿または送信する行為
 (10)営業、宣伝、広告、誘導、その他営利を目的とする行為。
 (11)他のユーザーに対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービス
          を利用する行為
 (12)宗教活動または宗教団体への勧誘行為 
    (13)その他、事務局が不適切と判断した行為


【第十八条:不適切利用の報告義務】
 本スクールでは、誰もが快適に本サービスを利用できるよう、不適切な投稿の排除に努めます。
 そのためにはユーザーの皆さまのご協力が必要です。 利用規約に違反していると思われる投稿を見つけた場合は、事務局にご報告ください。

【第十九条:免責事項】
 受講者は以下の本サービスへの免責事項を了解のうえ、利用することとします。
  (1)本サービスの利用について、受講者自身の責任において行っていただくとともに、本スクールは、本サービスの利用により発生した
                  ユーザーの損害全てに対し、どのような責任も負わないものとします。また、当該損害の賠償をする義務も一切ないものとします。
  (2)本サービスの内容は本スクールがその時点で提供可能な内容とします。本スクールは、提供する情報、受講者が登録する情報について、
                 その完全性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。
  (3)本サービスの運営において、本スクールが必要と判断した場合には受講者の皆さまへ通知することなく、いつでもサービスの内容を
          変更、停止、中断ができるものとします。 本スクールはどのような理由においても本サービスの提供の停止、中断、遅延などが
      発生し、その結果、本スクールまたは他の第三者が損害を被ったとしても当該損害について一切の責任を負わないものとします。
        (4)本スクールは、受講者への事前の通知なくして、本サービスの諸条件運用規則、また本サービ スの内容を変更することがあり、
      受講者はこれに承諾します。 この変更には本サービスの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限りません。
   (5)本スクールは、本サービスを通じて受講者同士でなされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について一切責任を負わ
      ないものとします。    
        (6)本スクールは、本サービスを通じてユーザー同士でなされた情報の授受に関して当該情報が各種 ウイルスに感染していたことにより、
         本スクール、他の受講者または第三者が損害を被った場 合、当該情報を掲載した受講者はその損害を賠償するものとします。

           また、本スクールは当該損害について受講者または第三者について一切責任を負わないものとします。
   (7) (1)、(3)第2文、(5)及び(6)第2文は、本スクールに故意または重過失がある場合、または ユーザーが消費者契約法
     上の消費者に該当する場合には適用しません。

【第二十条:その他】

   (1)暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる反社会的勢力の構成員、またはその関係者であることが判明した場合、
      受講前、中を問わずクラス受講をお断りします。
   (2)規約は予告なく変更されることがあります。
   (3)"スクール"とは、ポータブル・ビジネス・スキル オンラインスクールならびに株式会社インターディペンデンス・コーポレーション
      を指すものとします。
   (4)本規約は、次に掲げる事項を含め、受講者とスクールとの間の本サービス利用に関わる一切の関係に適用するものとします。

       ① アカウントと個人情報の保護
       ② 信頼に基づく行動(活動、コミュニティ運営)
       ③不正利用の報告
       ④ 免責事項

                                                               以上

お問合せはこちら

すぐにお返事いたします。お気軽にお問い合わせください。まずは、行動することからです!

お電話でのお問合せはこちら:平日10:00-17:00のみ

03-5403-3445

※「スクールの件」とお申し出ください。電話はいただいた後、こちらから、改めてかけ直しになりますので、あらかじめご了解ください。