よくあるご質問

入学について

誰でも入学できるのですか?基準や資格はありますか?

自己啓発に積極的な人であれば誰でも入学できます!

当スクールに入学していただきたい方は、企業で働く一般社員の方をはじめ、美容師、税理士、行政書士、整体師等の師業、士業の方々等仕事をする人、仕事をしようとする人であれば誰でも参加できます。もちろん、主婦や学生の方が参加されても構いません。これから復職を計画している方も含まれます。向学心があり自己啓発にモチベーションがあり、受講規約を順守していただける方であれば、どなたでも自由に入学することができます。これ以外、特に基準や資格はありません。

入学すると途中で休学や退学はできますか?

休学や退学はご自由です。特に申し出る必要はありません。

入学後、受講生の都合で休学をしたり、退学をすることは自由に行うことができます。スクールへ届け出る必要もありません。但し、入学金、受講料の返還は日割り、月割りを含めて一切できません。そして、一年間の就学期間が終了すると自動的に授業を受けることはできなくなります。もし、入学後一年以内であれば、ご本人の意思で自由に復学できます。また、一年後以降に改めて受講される場合は、授業料をお支払いの上、改めて入学してください。その際の入学金は免除させていただきます。

受講条件と受講効果について

一日20分間、一年間7300分間を確保できそうもないのですが・・・

成功の秘訣は、自学自習の習慣化をどうやって身につけるかと言うことです。

正直に申し上げると、実際、一日20分間の時間が確保できないこともあると思います。風邪を引くこともあるでしょうし、何らかのご事情があるかもしれません。その時、あなたはどうしますか?仕方ないと諦めますか?どうにかして20分間を確保しようとしますか?5分づつ分割することもできるはずです。私ならあとでその時間の挽回を図ろうとします。でも、最初からできない、努力や工夫もしないで、できないと決め付けるのはどうでしょうか?やる前からやらないための言い訳を言っているように聞こえます。大事なことは、自己啓発は自分の責任です。何がなんでも何らかの形で、いかに継続してやり続けるかが成否の分かれ目です。自分にはできないかもしれない・・・ではなく、やるかやらないかのどちらか・・だと思います。この自分との約束ができない方は、スクールの理念とシステムには合わないと思いますので、お辞めになった方が無難かと思います。

一日20分間で本当に成果は期待できるのでしょうか?

20分間の中身(コンテンツ)をどう料理するか・・と言うことだと思います。

一日20分間で学んだことや気づいたことを、自分の仕事や職場に橋渡し(ブリッジング)する想像力を鍛えることが必要です。自分ならこれをどのような状況の時にどうやって活用しようかと言うイメージをふくらませることです。さらに、20分間で出てきた用語やフレームワークをインターネット検索をしてみることもお勧めです。興味があればアマゾンで書籍を探してみるのも役にたちます。すぐに受講者同士のオンラインコミュニティにアクセスして、同じ授業を受けた人を探してみたり、質問してみたり、話し合ったりするナレッジ・ミーティングを有効に活用することもできます。こうして、自分独自の習得の仕方やパターンを見つけて取り組むと、たった20分間のコンテンツが膨らんで来ます。20分間をどう活かすかは自分次第と言うことですね。そして、このような自己啓発は他に依存するのではなく、自立した主体的な取り組みが必要と認識してください。

ポータブルスキルを身につけると何が良いのですか?

専門性を活かすための汎用力を高めることで付加価値を増大させます。

卒業証明書やライセンスを持っていても、今の仕事をする資格にはなっても、それだけでは本来の業務はできないと思います。就業するために取得することは当たり前なのですが、実際の仕事に期待されていることは資格を持っているだけでは満たされません。仕事にはその役割にふさわしい仕事のやり方と言うものがあります。そのやり方を補完し支援することができるのが「ビジネス・スキル」です。実は長年の研究でどのような仕事でも共通のビジネス・スキルが存在することがわかっています。国(厚生労働省)もそのことに気づかれ2015年にポータブル・スキルとして社会人基礎能力を正式に発表しています。このスクールも厚労省の基準に従ってプログラムを独自開発しています。このスキルを習得して携帯(ポータブル)すると、仕事の内容が変わったり、部署が転勤になったり、転職してもずっと携帯して持って歩ける「仕事をするための能力」なのだと理解していただけると思います。これによって、あなたにはいかなる変化にも対応できる汎用性が身につき、周囲の方々には、仕事に関する安心感や信頼感、期待感をもたらすことになるでしょう。これらが、あなたに仕事やキャリアの選択肢を高め、実力と自信を身につけることになり、より良い成果達成に導いてくれるものと考えます。

お問合せ・お申込み・その他

お申込み前に色々と相談したいけど、どうすればいいのでしょうか?

無料相談(電話・メール可)をご利用ください。無料視聴もできます。

電話とメールでのお問い合わせが可能です。電話の場合は、オペレーターがご質問の趣旨を伺い、すぐに事務局から折り返しお電話をさせていただきます。メールでも可能です。いずれも24時間以内に誠意を持ってご返答いたします。安心してお問い合わせください。また、どのようなプログラムを受講できるかは、実際に視聴した方が早いと思いますので、無料聴講を申し込んでください。10プログラムの一部(モジュール)を10個ですが、無料でご覧いただけます。

法人契約を検討したいのですが?

「法人契約について」とお申し出ください。専門スタッフが応対します。

電話もしくはメールでお問い合わせの際に「法人」でご検討されている旨をお申し出ください。
すぐに専門スタッフが連絡をいたします。よくあるお問い合わせとしては、新入社員教育の一環で受講を検討したい、入社5年目の若手社員研修として活用したい、管理職昇格前のステージアップ、昇格後のスキルアップに活用したい等の要望をいただいています。インターネットを利用するので「いつでも・どこでも・何度でも」受講できることと、集合研修ではないため稼働時間を有効活用できる、移動や宿泊等の経費削減に効果があると好評です。人数や規模、用途によってお得なカスタマイズ研修プログラムもありますので、何でも遠慮なくお問い合わせください。

入学申込はどうすればいいのですか?

「入学願書」に必要事項を記入して送信するだけです。

所定の「入学願書」に必要事項を記入して送信してください。あなたのアドレスに入学許可通知と入学金(¥100,000 : 初回のみ、但し令和2年3月末までの入学者は免除)、受講料(¥12,000円/税別・年間)をクレジットカードにてご決済いただくと、改めて受講ができるサイトURLとID、パスワードが送られてきます。すぐに受講が開始できます。有効期限は一年間です。二年目は入学金なし、受講料は同様の¥12,000円/税別・年間)をご決済の上、継続してください。なお、途中で休学、退学はご自由ですが、いただいた入学金、受講料の返却はできませんので、あらかじめご了承ください。

お電話でのお問合せはこちら:平日10:00-17:00

03-5403-3445

「スクールの件」とお申し出ください。なお、お電話の場合は改めてこちらからおかけ直しすることになりますのであらかじめご了承ください。