ポータブル・スキルとは、
国(厚労省)が定めた業種や職種、役割に関係なく、どんな人にもいかなる仕事にも、
必携とされる「仕事をするためのビジネススキル」のこと
を言います。   
("ポータブル・ビジネス・スキル"は当社の商標〔トレードマーク〕です。)
 多くの人は、学歴や資格取得に躍起になりますが、実際に仕事に就くと、うまく行かないジレンマに陥ります。
それは、ビジネス・スキルを習得する努力を怠り、仕事にスキルを活用していないことが原因です。

いい仕事をするためには学歴や資格に頼ってはダメ。

誰も教えてくれなかった仕事をするための「基礎能力」。

当スクールは、国(厚労省)が社会人基礎能力として定義した【ポータブル・スキル】を基盤にして、独自開発したプログラム
コンテンツをオンラインスクールで学習できるようにしたのです。

いつでも・どこでも・誰でも・何度でも自分のものにするまで習得できることが最大のメリットと考えます。

ポータブル・ビジネス・スキルは、厚労省の基準をベースに、仕事をするために必要なスキルとして、分かりやすい解説を心掛け、
自分の仕事に活すことができるよう、そして成果に導けるようになることをモットーに、動画(YouTube)とPDFテキストで習得
できるようにした「本で初めてのポータブル・スキル オンライン・ビジネス・スクールです。

MBAやカルチャースクールとは異なるもので、実践的で日常の仕事にすぐに活かせるようにすることを目的にしています。

ポータブルなので「持ち運び」ができる、つまり、職種、役職、場所、役割、目的、タイミングを問わず、あらゆる状況や環境において
必要不可欠な「仕事をするためのスキル」を身につけることになるので、普遍的であるため、一度身につけると「一生の財産」
にできる
のです

  • 日本で初めてのポータブル・スキルのオンライン・ビジネススクール
  • 他者との優位性構築のための武器
  • WEBの特性を活かした学習システム
  • 普遍的ビジネススキルを生涯の財産にして次代の環境変化に即時対

このスキルを習得して、あなたが手にするもの

このスキルを身にまとうと、本人の仕事のクオリティが格段に上がり、周囲の期待に応えられるようになり、羨望の眼差し
みられるようになります。自分自身のセルフイメージも高まり、様々なことにチャレンジできるようになります。

自ずと、仕事の「選択肢」が増えることを実感します。自らが望む新天地を選ぶことができ、夢の自己実現を図ることが
できるのです。

ビジネス・キャリ自らの力で自分のものにすることができます。受講後は、圧倒的に視野が広がり、
可能性にかける勇気と自信
を手にすることができるのです。


現状は、ビジネスナレッジで言えばMBA、学術系なら大学、大学院レベルのもの、そしてカルチャースクール的なものが、
すでにWEBの世界でも存在しますが、多くの人がハイレベル過ぎると感じているか、あなたの現実(仕事の内容、周囲の期待、
本人の希望、レベル感等)にあっていないかのどちらかではないかと思うのです。

私たちは、このポータブル・ビジネス・スキルをWEB学習のシステムによって手に入れていただくことで、多くの人たちに
持続的な自己啓発の習慣をもたらし、自らの力で現状からの脱皮、障害となっている壁を突破させることができる、
そんな人生の選択肢を広げること
に貢献 したいと思っています。

  • あなたの仕事のクオリティアップ
  • 周囲の期待に応えることができる
  • 羨望の眼差しを浴びる
  • セルフイメージの高まり
  • さまざまなものへの意欲とチャレンジが増大
  • 仕事の選択肢の増加
  • 夢の自己実現
  • キャリアアップ
  • 可能性にかける勇気と自信

"ビジネススキル専用ポータルサイト" としての社会的役割

この持ち運びできる汎用性の高いビジネススキルは、「ポータブル・ビジネス・スキル」と呼び、どのような業種、職種、職場に
かかわらず、仕事に必ず必要とされるスキルを体系的にファンダメンタル(基礎編)、プラクティカル(実践編)、プロフェッショナル
(専門編)の3段階をステップアップしながら習得して行きますので、時間の経過とともに自信を持っていろいろなことに挑戦できる自分になっていく手応えを感じることができるでしょう。

こうやって、このサイトを通じて、多くの仕事をする人達のための「ビジネススキル専用ポータルサイト」としての存在であり続けたいと考えています。

  • 3段階ステップアップ方式
  • 自信を持って挑戦できる自分に変身
  • ビジネススキル専用ポータルサイトという存在価値

お電話でのお問合せはこちら:平日10:00-17:00

03-5403-3445

「スクールの件」とお申し出ください。なお、お電話の場合は改めてこちらからおかけ直しすることになりますのであらかじめご了承ください。